ダスキンの勘定科目

ダスキンの勘定科目

今日のお話しする内容はダスキンや日本リースが提供するサービスについてどのような科目で処理するのかを説明します。

まずは、内容のチェックを行います。

というのも、様々な内容が含まれているので分解する必要があります。

内容で分けよう

まずは一般的な会社であれば、次のような分け方になります。

1.リースか?購入か?

モップやマットなど定期的に交換してくれるサービスと洗剤やキッチンペーパーなど購入するものかに分けます。

①モップやマットなどのリースは「リース料」「衛生費」などで処理します。

②洗剤など購入したのであれば、「消耗品」「衛生費」で処理します。

2.飲食店や工場であるのは「ネズミやゴキブリなどの害虫駆除」これも「衛生費」で処理します。

3.事務所の清掃なども「衛生費」で処理をしましょう。

このように色々あるのですが、統一して使用すれば問題はありません。

ちなみに当社では「衛生費」で統一しております。

4.水のウォーターサーバーやコーヒーマシーンの貸し付けの場合は

お客様に「ご自由にお飲みください」という趣旨であれば「販売促進費」

従業員の福利厚生であるのであれば「福利厚生費」

この場合だけ、分けておいたほうがいいと思います。

というのも、お客様に「ご自由にお飲みください」という行為を「交際費」とみなされる可能性があります。

「交際費」に関しては別のコラムを参照してください。

業種で分けよう 

不動産会社であれば、入退去の時に清掃をしますので、「修繕費」「不動産維持費」などを使うことになります。

ちなみに当社では「不動産維持費」で処理をします。

このように、業種で科目を使い分けることがあります。

最後に

なお、社宅の清掃費の場合には、福利厚生費勘定になります。

社宅自体が福利厚生費ですので、それに付随するものも福利厚生費という考えです。

内容によって勘定科目が異なることがありますので、注意して下さい。

ちなみに雑費は極力使わないことも大切です。 (これは別の機会に)

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください