熊手の勘定科目

はじめに

毎年お正月には、正月飾りを飾る会社やお店も多いかと思いますが、

皆さん「新しい年がより良い一年になりますように」という願いを込めて、

正月飾りを飾っていることと思います。

さて、縁起の良い正月飾りに「熊手」があります。

こういう華やかな正月飾りがあると、お正月のおめでたい気分がさらに盛り上がりそうです。

では、縁起の良いものとされる熊手ですが、どのような思い・意味があって飾られるものなのでしょうか?

今回は、そんな熊手の経理処理を解説していきます。

熊手とは

今でこそ、このような派手なデザインになっている熊手ですが、元々はあのとてもシンプルな、一般的にイメージされる熊手が縁起物として売られていました。

なぜ熊手が縁起物だったかというと、熊手の目的である農業の「かき集める」という行為が、「金運をかき集める」「幸福をかき集める」といったことを連想させたといわれています。

そして、より縁起の良い熊手とするために、七福神や大判小判、松竹梅、亀や鯛など、おめでたさを象徴する飾りがどんどん加えられて、今のような正月飾りとしてのくまっでになっていったのです。

つまり、熊手が縁起物とされるようになったのは、金運や幸福をかき集めてくれることを願ってのことだったのです。

このような意味が込められて、派手なデザインの熊手になり、お正月に飾られるようになったのです。

熊手の勘定科目

基本的に熊手は毎年買い替えるものです。

なので「消耗品」という考えでいいと思います。

ただ、消耗品の基本的な定義は「10万円以下のもの」「一年未満で消耗してしまうもの」のいずれかに当てはまるものなので、

2年以上使う熊手で、金額も10万円以上するものなら、減価償却資産の可能性が出てくるので注意が必要です。

熊手の消費税

考えられるパターンが2つあります。

  • 参道で買う場合は業者が売っているので課税です。
  • 神社仏閣で買う場合は「喜捨金」に該当し、不課税です。

これは「喜捨金」の回で説明していますので、こちらをご覧ください。

最後に

よく雑費で処理することもありますが、雑費が多いとお上の呼び水になるので使わない方が無難です。

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください