お賽銭や祈祷料の勘定科目

はじめに

お正月に神社やお寺にお参りに行くことはよくあります。

この時、お賽銭や祈祷などすることがあると思いますが、これは経費になるのでしょうか?

今回はお賽銭と祈祷料の勘定科目について解説します。

お賽銭とは

お賽銭の「賽」には、「神様や仏さまから受けた福に感謝して祀る」という意味があります。

そして「銭」には「お金」という意味があります。

日本で紙幣通貨が出回り始めたのは室町時代のようです。

それまでお賽銭は、金や銀、お米、海の幸や山の幸などが奉納されていました。

庶民にも紙幣通貨が出回り、神社や寺院への参詣が浸透しはじめると、ものでなく、金銭に代わります。

そして自然に賽銭箱が置かれるようになります。

祈祷とは

神や仏など、神秘的な力を持つ対象に対して、期待する結果を得るために言葉・儀礼によって祈ることを言います。

あらゆる宗教で行われており、七五三、商売繁盛、交通安全などあります。

経理処理

まず、商売繁盛・安全祈願など、「仕事・事業に関すること」として神社・お寺でご祈祷を受けるのが大前提です。

この場合の祈祷料や、お賽銭などは経費になるでしょうか?

原則的には、次のようになります。

大前提

神様と仏様への感謝・お礼として、「見返りを求めず」に奉納するお賽銭などは「寄付」であるとの考えです。

この「寄付」については、法人か個人事業主かで、少々取り扱いが異なります。

会社の場合

会社ならば、「寄付金」として、その一部が経費になります。

会社の資本金や所得の金額によって、寄付金のうち経費にできる上限があります。(寄付金控除といいますが、これは顧問税理士にお尋ねください。)

個人事業主の場合

個人事業主ならば「寄付金」は、全額経費ではありません。

事業主貸勘定で処理します。

最後に

以上が、神社・お寺での支出に関する原則的な経理処理です。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

きょうのおやつ

茶果房 野の美(大又農園)のいちごタルトを食べました。

https://www.instagram.com/nonomi_oomatanouen/

 おいしいですよー!


の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください