年賀状の経理処理

はじめに

新年のご挨拶に大切な方へ送る年賀状。

新年には年賀状を送るのが当たり前でしたが、今はメールやLineで送るようになっています。

時代の流れでしょう。

この年賀状はいつから始まったのでしょうか?

とういことで、今回は年賀状の起源と意味、そして経理処理を解説します。

年賀状とは

年賀状は平安時代から始まったとされています。

平安時代の貴族、藤原明衡がまとめた手紙の文例集の中に、年始の挨拶の文例があり、これが残っている最も古いものです。

この頃からお世話になった方や親族に新年の挨拶をして回る「年始回り」という習慣が広まりました。

しかし、まだ挨拶に手紙を使用するのは一部の貴族で、直接会えないような遠方の方へ賀状として送っていたそうです。

江戸時代に入ると、今の郵便の先駆けとなる「飛脚」が充実し、庶民が手紙で挨拶を済ませることも増えていきます。

この頃には、「名刺受け」というものを玄関に設置し、不在時には、新年の挨拶を書いた名刺を入れてもらうという文化もありました。

年賀状の経理処理

通信費

郵送で行う場合、もちろん切手代・ハガキ代など通信費となります。
なお、年賀状の作成に掛かった印刷代などは『通信費』含めて処理することもできます。

広告宣伝費

お店や会社のセールなどあれば、宣伝費用としてまとめて『広告宣伝費』などとすることも考えられます。

販売促進費

季節がらこの時期だけの経費ですので、一般の経費と違うということで「販売促進費」で処理することもあります。

おわりに

いずれにせよ使用する勘定科目については社内の経理ルールを作成し、一旦採用した方法を継続的に行っていくことが重要となります。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

一日一新

㈲相伽和店のオードブルのローストビーフです。

ニンニクがガッツリ効いたパンチのあるローストビーフです。

㈲相伽和店のローストビーフ

㈲相伽和店ホームページ

http://aikawaten.co.jp/

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください