宝くじは本当に非課税か!

じめに

なぜ宝くじは非課税なのでしょうか?

それは、宝くじを購入している時点で既に税金を収めているからです!

例えば、300円の宝くじを10枚購入した場合、3,000円となります。

実は、宝くじを購入した時点で、その金額の約40%が(この場合1200円)税金として収めてられているということになるので非課税なんです!

住民税は地方税法に定められており、その法律にも宝くじは非課税所得として記載されているため、住民税の課税には該当しません

なので、翌年の住民税も所得税もかからないし

宝くじの場合は確定申告もしなくても良いと法律で決まっています!

課税の宝くじの範囲は

たくさんの宝くじがありますが、どの種類の「宝くじ」までが非課税なのでしょうか?

似たようなものに、ナンバーズやロトがありますが、

これらも非課税なのでしょうか?

「宝くじ」が非課税である根拠は、

当せん金付証票法という法律の第13条に、

「当選金付証票表の当選金品については、所得税を課さない」

と規定されているからです。

ここにいう「宝くじ」には、ロトも含まれるので、こちらも非課税になります。

このように、法律で定められたものだけが、

当選して多額のお金を受け取っても税金が課されないというわけです

外の宝くじは?

ここでよく勘違いされるのは、

「宝くじ」と呼ばれるものであれば何でも、

非課税になると思い込んでいる方が多いという点です。

例えば、「海外の」宝くじ。

海外の場合、日本より当選金が多額の設定をされているものが多いようなのですが、

海外の宝くじは「当せん金付証票法」に定めるものではないため、

当選すると税金を納めなければなりません。

その理由は、先程説明したように購入代金の約40%を税金として納めているのです。

残り60%を当選金として分配しているにすぎないため、

当選金に税金を課す必要がないということです。

会保険はどうなる?

それでは、税金ではない健康保険はどうでしょう?

本人が給与所得になりますので、関係ありません

理由は、社会保険は給料に関わる保険だからです。

さらに、扶養者はどうでしょう?

結論としては、健康保険の扶養からはずれる必要はありません。

健康保険では、扶養される家族のことを「被扶養者」といいます。

一般的に被扶養者として認定される収入要件は、年収130万円未満で、かつ同居の場合は被保険者(従業員本人)の年収の2分の1未満であること、別居の場合は被保険者からの仕送り額よりも少ないこと、となっています(60歳以上または障害者の場合は、「130万円」を「180万円」と読み替え)。

ここでいう「年収」の基本的な考え方は、認定時点での恒常的な収入の状況により算定することとされています。

その収入の算定にあたって、恒常的な収入には、給与収入、事業収入、家賃収入、株式配当金、年金(老齢、障害、遺族)、傷病手当金、失業給付等、継続的に得られるものすべてが含まれます。

よくある誤解ですが、税法上の課税・非課税とはまったく異なる考え方をしますので、注意をしてください

逆に言うと、恒常的でなく継続性のない、一時的な収入は、被扶養者認定における「年収」には含めません

具体的には、退職一時金、遺産相続、贈与等がこれにあたります。

宝くじの当選金も、この一時的な収入と扱われますので、たとえ何億円当たろうが、被扶養者認定には影響しません。

ですので、扶養をはずす必要はありません。

後に

いかがでしょう?

巷で時々、宝くじが当たると来年大変よ!と言われますがそんなことはありません。

といっても、突如大金が入って一人バブルを満喫するより、じっくりと資産運用を考えましょう!

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 
広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください