お化け屋敷の法則~自信がなくても、怖いままススメ!~

はじめに

みなさんはお化け屋敷に入ったことありますか?

夏といえば、子供のころは「肝試し」と「お化け屋敷」と「怪奇特集」で涼しくなろう!が定番でしたね。

しかし、なんであんな人気があるのでしょう?

なぜなら、最初から「中身は人間!人間が作った人形とセット!」と頭で分かっているからですね。

その怖さを楽しんでいるのです。

興味はあるけど、怖い!でも入りたい!とか

怖いのかな?腰ぬかすくらい怖いのか?これをいいことにイチャイチャできるかも・・・とか思いながら出口を目指すのですね~

こんなわざわざ怖い目にあってまでにお金を払って、「恐怖」にお金を払うこの心境。

これを、ビジネスに置き換えることができます。

これが「お化け屋敷の法則」です。

それでは、具体的に見ていきましょう。

ビジネスで怖いものは?~成功は保証されないスリリングがある~

生活する上で、怖いモノってなんでしょう?

あるサイトで見ると、

昭和は「地震・カミナリ・火事・オヤジ」

今は「自然災害・病気・事故・最後にスマホ(ネット)」だそうです。

そういわれれば、私はネットがないと仕事できない状況です。

では、ビジネスで怖いものは何でしょう?

それはひとまとめにすると「失敗」です。

失敗でも「皿を割った」から「得意先を失くした」とか色々ですが

最悪な失敗とはズバリ「倒産」ということです。

倒産で増えるものは、「みじめさ」「くやしさ」などの内面なものと「借金」などの外面なもの、とにかく大変な状況になります。

このように「もしうまくいかなかったらどうしよう」など、もう一人の自分がネガティブなことを囁き始めます。

だれも、あなたのビジネスを保証しませんから・・・、不安になるのが当然です。

恐怖で動けないときは?~他人に身をゆだねてリラックス~

自分が恐れるものに向き合ったとき、目をそらしたり、逃げたり、とにかく現状から逃げ出そうとするのは自然の流れと思います。

しかしながら、一度起業した以上逃げるわけにはいきません。

かといって、どうすればいいのか?

そんな時は、「他人に頼る」しかありません。

そのために、

①アドバイスをくれるような人に相談する。(本当に信じられる人)

②過去に同じような経験をしたことに相談する

③そのようなブログやサイト、本を読む。

など、自分を救ってくれる最適な方法を見つけましょう。

お化け屋敷の法則でススメ!~迷わず行けよ!行けばわかるさ!~

サブタイトルがどっかで聞いたことありますが、気にしないでください・・・

本来、人間の本能として、全く新しいことを始めようとすると本能的にブレーキをかけてしまいます。

それは、脳みそが「変化を嫌う」性格だからです。

ですので、「今までやってきたこと」を「これからもやっていく」と思うのは自然のことです。

新しいことにチャレンジしたいと思うのであれば、今までに経験したことのないことに直面します。

この時に、勇気と努力・決断力が必要なのです。

怖いけど進もう!

お化け屋敷の法則は

①これからのビジネスで、何に直面するかわからないけど

②100%の自信はないけど

③いつか少しづつでもいいので目指す目標に近づく

ということです。

自信なくても、怖いままで進んでいいのです。

おわりに

新しいことをすることにやはり迷いが出てきます。

いろんな人に相談したいでしょうが、結局あの人に聞いたこと+この人に聞いたこと=悩みの種が増える(どっちがいいんだ~?)だけです。

ですので、心から信頼をおける「キーパーソン」にアドバイスをいただき、最後は自分で後悔のない決断をしましょう。




一日一新

先日、大きな仕事も終わり福岡の紀伊国屋書店、丸善書店をはしごしてたくさん本を買ってきました。

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください