決算の表示方法を変えるだけで評価が変わる。

はじめに

みなさんは、税理士事務所からもらった決算書見ていますか?

売上このくらい!利益がこのくらい!で税金これくらい!

よし!OK!

なんかもったいないことしてませんか?

せっかく高いお金出しているのだから、もっと活用しましょう。

借入金の表示を変えるだけで、評価が変わる

それでは、質問です。

借入金はどこに表示してあるでしょうか?

基本的に「証書貸付」は固定負債の「長期借入金」

「手形貸付」は流動負債の「短期借入金」ですね!

同じ借入金だからどこでもいいじゃんとお思いの方、

ちょっと「場所が変わる」だけで評価が変わることがあるのです。

評価が変わるのは主に「銀行」

これを見ていこうと思います。

利益が上下するだけで、評価が変わる

ここのポイントは

いつも毎日、毎月、毎年発生する費用か?

この経費は今期だけの特別な費用可?

となります。

では、表示を変えるとどうなるのか見ていこうと思います。

例えば退職金を1000円払った場合を見ていきます。

<損益計算書>

売上     10,000

売上原価  2,000

売上総利益 8,000

販売管理費 6,000⇒  販売管理費       5,000←退職金を特別損失へ!

(うち退職金 1,000)

営業利益  2,000⇒  営業利益     3,000←ここに注目!

            特別損失 (退職金)1,000

           税引前当期純利益 2,000

これだけで、営業利益が1,000円アップしました!もちろん最終利益は変わりません!

営業利益は「営業活動で儲けた利益」ですので、銀行の評価が変わります。

次回は、修繕費を見ていきます。

 

の3つのサービスで、クライアントを財務面からバックアップして「売り上げに集中」できる環境を提供いたします。
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください