sasebomiraimsgmailcom

4/5ページ

お賽銭や祈祷料の勘定科目

  • 2019.01.01

はじめに お正月に神社やお寺にお参りに行くことはよくあります。 この時、お賽銭や祈祷などすることがあると思いますが、これは経費になるのでしょうか? 今回はお賽銭と祈祷料の勘定科目について解説します。 お賽銭とは お賽銭の「賽」には、「神様や仏さまから受けた福に感謝して祀る」という意味があります。 そして「銭」には「お金」という意味があります。 日本で紙幣通貨が出回り始めたのは室町時代のようです。 […]

熊手の勘定科目

  • 2018.12.31

はじめに 毎年お正月には、正月飾りを飾る会社やお店も多いかと思いますが、 皆さん「新しい年がより良い一年になりますように」という願いを込めて、 正月飾りを飾っていることと思います。 さて、縁起の良い正月飾りに「熊手」があります。 こういう華やかな正月飾りがあると、お正月のおめでたい気分がさらに盛り上がりそうです。 では、縁起の良いものとされる熊手ですが、どのような思い・意味があって飾られるものなの […]

アクティブブレストで疲れをためない!

  • 2018.12.30

はじめに はじめに休んでいるつもりなのに、なかなか疲れが取れない。 休んでいる=寝っ転がってる、寝ている。 結局、疲れてる。 なんてよくあります。 そんなときは“アクティブレスト”を試してみませんか?日常的に体を追い込んでいるアスリートも実践する積極的休養法です。 このアクティブブレストを今日は解説していきます。 アクティブブレストとは アクティブブレストは「積極的な休養」と訳されれます。 &nb […]

三色だんごを食べよう

  • 2018.12.29

はじめに みなさんは、縁起担ぎとかしますか? 私は結構気にします。 というか一種のルーティーンです。 それは毎月1日に三食団だんごをたべることです。 毎月1日に食べることで、「新しい月の始まり」を実感し、やる気スイッチを入れます。 毎年、お花見の季節になると、見かけることが多くなる三色だんごですが、江戸時代には一般市民にすでに普及したようです。 暴れん坊将軍も水戸黄門も時代劇で食べてました。 三色 […]

商標登録の勘定科目

はじめに 最近中国などで横行している日本特有の商品が不正登録されています。「有田焼」「クレヨンしんちゃん」「無印商品」など信じれないことが起きています。 そもそも「商標」とはなんなのか? それから紐解いていきます。 そもそも商標って何なの? 商標とは、簡単にいうと「誰が作った商品か?」「誰が提供しているサービスなのか?」を表すマークのことを言います。 例えば、「宅急便」と「宅配便」の違いはヤマト運 […]

プロダクト・セリングとバリュー・セリング

はじめに 「プロダクト・セリング」と「バリュー・セリング」という言葉をごぞんじでしょうか? 「プロダクト」は「製品」「セリング」は「売り込み」と訳せます。 ですので、 プロダクト・セリングは「製品の売り込み」の手法ということになります。 そして、「バリュー」は価値ですので バリュー・セリングは「価値の売り込み」の手法です。 ネットショップで例にとると 1、その商品が、そこにしかないものか 2.その […]

しめ縄やしめ飾りの勘定科目

最初に 正月を迎える準備として、しめ縄やしめ飾りなど正月を迎える時期だと思います。 会社や店舗でも、角松や、鏡餅など正月用品を用意することだと思います。 では、この正月用品の勘定科目何を使うべきなのか解説していきます。 しめ縄とは しめ縄の由来は、こんな神話が元になっていると言われています。 ある日、天照大神(あまてらすおおのかみ)は、弟のである須佐之雄命(すさのおのみこと)が悪さばかりすることに […]

クリスマスケーキ販売ノルマは違法か

本日のテーマは「会社が従業員に『自腹や罰金』のノルマを課していいのか?です。 はじめに 会社が従業員にクリスマスケーキやディナーショー、おせちなどのノルマを押し付ける季節です。 知り合いだし、得意先だし買うか・・・ と気づいたら、クリスマスケーキが3個とか毎年です。 実は、会社が労働者に対して「結果を残すため」ノルマを課すこと自体は問題ありません。 しかし、過剰なノルマで労基法違反になるリスクもあ […]

クリスマスカードの勘定科目

はじめに クリスマスが近づくと、クリスマスカードにお祝いの言葉をつづり、日ごろの感謝の気持ちを伝える方も多いでしょう。 クリスマスカードには、かわいくておしゃれなデザインもたくさんあって、選ぶのも楽しみの一つですね。 今日は、クリスマスカードは経費か?を解説していきます。 クリスマスカードとは クリスマスカードとは、英国のビクトリア・アルバード美術館館長ヘンリー・コール氏が1840年も郵便料金体系 […]

1 4 5