行動経済学

現在志向バイアスでよく考えて行動する

人は未来の「見えない利益」より、今ある「見える利益」を優先する。 この心理傾向は、行動心理学の第一人者ダニエル・カーネマンによって提唱されました。 行動経済学は、従来の経済学は「人は合理的に行動するもの」でしたが、「人の行動は合理的でない心理的な作用に大きく影響する」という経済行動の法則を研究してる学問です。 この心理傾向は、日常生活にもあります。 小学生のころ、夏休みの宿題が最終日になっても終わ […]